WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

グレーカードの使い方。ホワイトバランスと露出合わせに便利

グレーカードの使い方
料理や商品撮影でホワイトバランスを正しい色に補正することが出来るグレーカードの使い方について紹介します。
カメラのオートホワイトバランス機能はすばらしいですがグレーカードを使ってマニュアルで撮影するとより正確な色を再現することが出来ます。

1.グレーカードについて

銀一のグレーカード
代表的な銀一のシルクグレーカードです。
昔は1,000円程度で買えていたと思うんですが、すこし値上がりして2,000円ほどします。
このグレーカードですが表面にはコーティング等が一切されておらず少し爪があたったりするだけで痕がついたりするので注意してください。
グレーカードのイメージ

2.撮影手順

下記、撮影手順です。

グレーカードを撮影する

グレーカードの使い方
まず撮影前に被写体の場所にグレーカードを置きます。
人物の場合はモデルさんに持ってもらいます。 画面いっぱいにグレーカードが写るように撮影します。
※光源等によって条件が変わるので撮影前に設定を撮り直しましょう。

設定方法

設定を選ぶ
写真を選ぶ
カメラのメニュー画面から【MWB画像選択】を選んで先ほど画面いっぱいにグレーカードを撮影した写真を選びます。
コレで読み込みが完了しました。

撮影

撮影サンプル
あとはホワイトバランスをマニュアルにして撮影するだけです。