WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

Googleタグマネージャーでイベントトラッキングを行う方法。

Google Tag Manager

Googleタグマネージャーを使用すればアナリティクスのイベントトラッキングの「onclick」を使用しなくてもイベントトラッキングを行うことができます。
この方法は、HTMLソースを汚さないだけでなく稼働させているトラッキングの管理もしやすくなります。

変数を設定する

まずは変数を設定します。
「変数」をクリック。

変数をクリック

「設定」 → 「組み込み変数の設定」の「ページ」「クリック」の中の全てにチェックを入れて「保存」。

組み込み変数の設定

以上で、変数の設定は終わりです。

トリガーを設定する

トリガー(発動の条件)を設定します。
「トリガー」 → 「新規」 → 「トリガーのタイプを〜」をクリック

トリガー(発動の条件)を設定します。

「トリガーのタイプを選択」で「すべての要素」をクリック

トリガーのタイプを選択

「このトリガーの発生場所」(発生条件のこと)を設定していきます。
「一部のクリック」にチェックを入れ左から順に「Click URL」 → 「含む」 → 「.pdf(トラッキングしたURL)」と入力し、「保存」をクリック。

このトリガーの発生場所

上記の場合、「クリックしたURL」に「.pdf」の「文字列が含まれていたら」発動します。
あとは適当な名前をつけて保存します。

トリガーを保存

タグを設定する

最後にタグ(トリガーで発動時に取得する値)を設定します。
「タグ」 → 「新規」 → 「タグタイプを選択して〜」をクリック

最後にタグ(トリガーで発動時に取得する値)を設定

「タグタイプを選択」で「ユニバーサルアナリティクス」をクリック

ユニバーサルアナリティクス

「タグの設定(取得する値)」を下記のように設定していきます。

トリガーを選択してこのタグを配信
  • 「トラッキングタイプ」: (今回は)イベント
  • 「カテゴリ」: 管理しやすい名前
  • 「アクション」: {{Page URL}} (タグが発動したURL)
  • 「ラベル」: {{Click URL}}(クリックしたURL)

「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れてその下に「UA」から始まるアナリティクスのトラッキングIDを入力して「保存」をクリック。
次にトリガーとの紐付けを行います。
「トリガーを選択してこのタグを配信」をクリック。

トリガーを紐付け

前の項目で設定したトリガーを選択して保存をクリック。

トリガーを選ぶ

プレビューをクリックして自分のホームページにアクセスして表示が崩れていないかなどをチェックして問題なければ「公開」をクリック。
以上で公開となります。

プレビュー

プレビューは必ず行うようにしましょう。

稼働しているかを確認する。

アナリティクスにアクセスして、「リアルタイム」 → 「イベント」で実際に発動条件に設定した項目を行ってみて、稼働しているかどうかが確認できます。
タイムラグもあるので注意してください。

確認

以上で、イベントトラッキングの設定が完了です。
タグマネージャー でのイベントトラッキングは慣れれば簡単に設置ができ、ソースを汚すことがないのでぜひ導入してみてください。