WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

Password Protected の使い方。サイト全体にパスワードをかける、プラグイン。

Password-Protected
Password Protectedは特定の人だけに公開したい場合にサイト全体にパスワードをかけるプラグインです。パスワードをかけるだけのプラグインなので、簡単に設定が出来ます。

1.プラグインのインストールと有効化

まず、プラグインを検索して有効化します。プラグイン→新規追加でプラグインの検索画面を表示して[Password Protected]を検索してインストールをクリック
インストール
インストールが終わったら有効化をクリック
有効化

2.設定画面に移動

ダッシュボードに設定の項目にPassword Protectedがあるのでそちらをクリックすると管理画面に移動します。
設定

3.パスワード等を設定〜ロック

各種設定を行います。enbledにチェックを入れるとパスワードが有効になります。
パーミッションの項目は下記をご覧ください。
Allow Administrators 管理者のみにアクセスを許可します。
Allow Logged In Users ログインしたことのあるユーザー全てにアクセスを許可します。
Allow RSS Feeds RSSフィードへのアクセスを許可します。
後はパスワードを2回入れて変更を保存をクリックするとパスワードがかかります。
設定
下記、ロック画面です。
ロック画面

4.まとめ

Password Protectedは制作途中のテストサイトやグループ内でのアクセス制限等に使えるプラグインです。設定も簡単で任意のパスワードをかけられるので、便利です。※パスワードは忘れないようにしましょう。