WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

サテンのテクスチャの作り方 / PHOTOSHOP

サテンのテクスチャーをPHOTOSHOPで作る

上記のようなラメが入った光沢感のあるサテン生地をPHOTOSHOPで作成する方法について紹介します。

サテン生地をPHOTOSHOPで作成する

1新規で「150pixel 100pixel」のキャンバスを作成。

キャンバスを作成

2ツールパネルの描画色「黒」、背景色「白」に。

描写色の設定

3ツールバーの「フィルター」 → 「描画」 → 「雲模様1」

雲模様の適用

4下記のようになります。

雲模様

5macは「command + J」、winは「ctr + J」でレヤーを複製、複製したレーヤーを「乗算」に。

複製レイヤーを乗算

6ツールバーの「フィルター」 → 「フィルターギャラリー」

フィルターギャラリー

7「表現手法」 → 「エッジの光彩」 → 「エッジの幅:3、エッジの明るさ:20、滑らかさ:15」

エッジの光彩

8ツールバーの「イメージ」 → 「画像解像度」から画像を拡大します。

画像解像度の変更

9画像解像度を「ピクセル数は幅:2500、高さ:1667」、最下部のリストから「バイキュービック法(滑らかなグラデーションに最適)」

画像解像度を設定

10ツールバーの「フィルター」から「ぼかし」 → 「ぼかし(ガウス)」

ぼかしガウス

11滑らかになるまでぼかします。
今回は「110px」

ぼかし110px

12明暗の光彩差を作ります。
ツールバーの「フィルター」 → 「その他」 → 「明るさの最小値」

エッジを浮き出す

13「50 pixel」

エッジを浮き出す

14渦巻きツールで布の歪みを演出します。
ツールバーの「フィルター」 → 「変形」 → 「渦巻き」

渦巻き

15画面を見ながら角度を調節
今回は「213」

213

16円形を「つまむ」で崩します。
ツールバーのフィルターから「変形」 → 「つまむ」

100%

17量は「100%」

100%

18サテン生地のラメ感を演出します。
フィルターギャラリーから「フィルターギャラリー」

フィルターギャラリ

19「テクスチャ」 → 「テクスチャライザー」、「テクスチャ:砂岩、拡大・縮小:100%、レリーフ:6」に。
プレビューを見ながら調節してください。

テクスチャライザ

20色の調整をしていきます。
「色調補正」 → 「グラデーションマップ」で新規調整レイヤーを作成。

調整レイヤーの作成

21「属性」のグラデーションバーをクリック。

グラデーションバーをクリック

22色を調整します。

グラデーションの調整

23最後に新規調整レイヤーを「オーバーレイ」にします。

複製レイヤーを乗算 調整レイヤーをオーバーレイに

24これで完成です。

完成

作成後の調整

作成後に色を変えたい場合は「色相・彩度」で新規調整レイヤーを作成。

作成後の色変え

「属性」から「色相・彩度・明度」を操作して調整

補正

すると下記のように色を変更できます。

色変更

その他、明るさを調整したい場合は「露光量」を調整しましょう。