WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

「ブラウザのキャッシュを活用する」方法。

Google_developers
PageSpeed Insightsでの「ブラウザのキャッシュを活用する」方法の紹介です。

ブラウザキャッシュとは

ブラウザキャッシュとはサイトのアクセス時にデータ(画像やcssなど)をブラウザに一時的に保管し、再度アクセスした際にキャッシュが残っているデータはWEB上からダウンロードせずにブラウザに保存しているデータを使用するので読み込みを発生させずに表示を高速化するシステムです。

対処法

.htaccessに下記を追記するだけです。
.htaccessWordPressの場合はインストールしたディレクトリの直下静的サイトの場合は転送元のhtmlファイルのあるディレクトリにあります。
ない場合は使用しているFTPソフトで「隠れているファイルを表示」で表示されますがされない場合は.htaccessのファイルを作成しましょう。

.htaccessに追記

上記はアクセスから10日間、ブラウザのキャッシュが有効になります。
頻繁にCSSや画像を変更する場合は過去にアクセスした人には反映されなくなってしまいますので状況に応じて日付は設定しましょう。