WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

固定ページの子ページを一覧表示。Child Pages Shortcode の使い方

固定ページの子ページを表示する
コーポレートサイトやショップ等には書かせない固定ページに属する子ページを、サムネイル付きで表示出来るようにするプラグインです。また、ボックスのサイズ等も指定可能でその記事に関連する子ページの取得も可能です。

1.プラグインのインストールと有効化

まず、プラグインを検索して有効化します。プラグイン→新規追加でプラグインの検索画面を表示して[Child Pages Shortcode]を検索してインストールをクリック
プラグインのインストール
インストールが終わったら有効化をクリック
プラグインの有効化

2.表示する

プラグインのインストールと有効化が終わったら固定ページのテンプレートに下記を記述するだけで、子ページの一覧が取得出来ます。

3.ボックスのサイズを指定する

ボックスのサイズを下記で変更出来ます。width=”○○“部分を変えて変更出来ます。

4.サムネイルのサイズを変更する

サムネイルのサイズを下記で変更出来ます。size=”○○“部分を変えて変更出来ます。 サムネイルの値は下記指定可能です。
  • thumbnail
  • large
  • medium
  • post-thumbnail

5.抜粋を表示させない

抜粋を表示させたくない場合は下記を追加します。

まとめ

このような感じで簡単に子ページ一覧が取得できます。ビジネスサイト、店舗等の商品紹介には欠かせない物だと思います。その他にもフィルターフックでHTMLやCSSのカスタマイズも可能です。詳しくはこちらのhttps://firegoby.jp/様をご覧ください。