WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

WordPressのメリットとデメリット

タグ:

Wordpressのメリットとデメリット
はじめて、ホームページを作りたい方やお店のページを自分で作りたいと言った方向けにWordpressのメリットとデメリットをまとめました。

1.Wordpressとは・・・

WordPressとは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)の略で、簡単に言うとブログのような機能を持ったサイト構築ソフトウェアで、無料・商用で使えます。 CMSの機能はHTMLベースのサイトのように全てのページを作成するのではなくデータベースにいろんな情報を詰め込んでおいて、関数(テンプレートタグ・メソッド)を使ってデータベースの中から引っ張ってきて、自動でページを作成してくれます。このことを動的と言います。また、普通のブログとの違い独自ドメイン(○○.com)が使えることにあります。ただしサーバーの費用やドメイン費用は別途用意しないといけません。このCMSと言うソフトはたくさんありますが、シェアは国内外問わず6割以上と言われています。

2.CMSでのサイト作成のメリット・デメリット

メリットについて
  • 記事の更新をブログ感覚で行える
  • コンテンツを蓄積していくためSEOに極めて強い
  • 社内メンバー等、複数が更新作業やコンテンツ作成に取り組める
  • 今まで無料ブログサイトで書いた記事等を取り込める
デメリットについて
  • 外部(外注)にだした場合、CMS導入費用がかかるため高くなりがち
  • 初心者の方はバックアップが大変
  • 動的に生成するため、表示速度が遅い

デメリットも多いですが、メリットの部分がすごく強いです。コンテンツを蓄積できるということはサイトの中身が増えると言う事で、検索エンジンからの印象も良くなり、キーワードのヒット率も上がってきます。また、社内運用する場合は最初に記事の書き方を覚えれば複数名で更新作業できるのでサイトの運用もしっかり出来てきます。

3.Wordpressでのサイト作成のメリット・デメリット

メリットについて
  • シェアトップなので便利なプラグインがたくさんある
  • インストールが簡単
  • ほとんどのWeb制作会社では問題なくサポート出来る
  • おしゃれなテーマが豊富
  • ショッピングカート等のプラグインも豊富
  • 初心者向けの本やサイト等の情報が豊富
デメリットについて
  • シェアトップならではで外部からの攻撃に弱い
  • プラグインが豊富だがプラグイン同士の干渉がある事も
  • 簡単と言われるが自由に作ろうとすると知識が必要

まず、メリットについてですがスライドショーや問い合わせフォーム等、企業やショップ等のサイト制作には必須のプラグインがたくさんあります。そのプラグインは設置自体はすごく簡単です。また、Wordpressのインストールもレンタルサーバー側が簡単にインストールできるようにしてくれているため、インストールまではつまづかないと思います。ただ自由に配置をしたり、デザインしたりは正直言って簡単ではないです。HTMLとCSSの知識も必要になりますし、PHP言語と言う物もある程度知っていないとカスタマイズの幅が広がりません。必要最低限のものであればオシャレなテンプレートテーマ等をインストールして文言や画像の差し替え等を行えば作成できるとおもいます。

4.まとめ

ざっくりとですがWordpressには以上のようなメリット、デメリットがあります。現代のWEB制作会社でWordpress(CMS)をおすすめしない所等はほぼ無いと思います。WEBマーケティングをしっかり考える方にとってWordpress(CMS)は必ずと言っていいほどSEOに効果的に作用します。サイトの方向性にもよりますが、ただサイトをもっていて既存の固定情報を確認してもらうとかであればHTMLベースのサイトの方が表示速度も早いので良いかもしれません。