WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

Googleアナリティクス、「セッション」「ページビュー」とは。

セッション・ページビューについて

「ユーザー」から「概要」をクリックした際の「ユーザー」「新規ユーザー」「リピーター」について解説します。

「セッション」とは

セッションとはアクセスしてからスタートするユーザーの一連の行動です。
例えば以下のようなものです。

  • アクセス。
  • イベントトラッキングに設定した行動を行なった。
  • ソーシャルトラッキングに設定した行動を行なった。

セッションには参照元やランディングページなどのディメンション、ページビューやセッション時間などの指標が与えられます。
それではセッションが切れるのはどんな場合でしょうか。

30分間、操作がなかった。

例えばユーザーが12:00にアクセスしてページの移動やイベントトラッキングに設定された行動を行わなかった場合は12:30にセッションが切れます。

日付が変わってしまった。

例えばユーザーが23:35にアクセスして24:00にページの移動などを行なった際は30分は経過していませんがセッション切れて新しいセッションが始まります。

サイトへの流入経路が変わった。

例えばユーザーが12:00に検索エンジンからアクセスして、12:10にリスティングから訪問した場合は12:10にセッションが切れて新セッションが始まります。

「ページビュー数(PV数)」とは

ページビュー数(以下、PV)はサイト内の「ページが表示された回数」のことです。
このページ数には再度同じページを訪れた場合もカウントされます。
例えば「トップページ」→「会社案内」→「トップページ」とページを移動した場合は「トップページ」が2PV、「会社案内」が1PVで合計3PVとなります。
よくサイトの人気度を測るひとつとして分析されます。

「ページ/セッション」とは

「ページ/セッション」は1セッション中に表示されたPV数の平均です。
例えばセッションAが4PV、セッションBが2PVだとすると、( 4PV + 2PV ) ÷ 2セッション = 「3」となります。
サイト内循環のひとつとして分析されます。

「平均セッション時間」とは

まず「セッション時間」はセッションがスタートしてから最後の行動を計測したタイミングまでの時間を言います。
例えばトップページにアクセスしてセッションがスタート、15分後に会社案内のページに移動してそのページにそこから15分間、滞在した場合はセッション時間は15分になります。
全てのセッション時間を足してセッション数で割った数値がセッションの平均時間となります。
セッション時間はサイト内の滞在時間を表すひとつとして分析されます。