WEB制作、マーケティングに関する情報をお届けします。ホームページ制作会社、テラのブログ

ホームページ制作で使いやすいColor Scheme Designer3の使い方

the-color-scheme-designerについて
ホームページ制作で使いやすいColor Scheme Designer3の使い方についてまとめます。 Color Scheme Designerはサイトイメージ機能がついており、選んだカラーをベースにサイトのイメージを見る事が出来ます。
機能が多いので、主要部分のみ解説します。

1.カラールールの設定

カラールールを設定します。

カラールールの設定
mono 色のベースは単一で彩度と明度を変化させて色の変化をさせます。落ち着いた色で統一感を生む事が出来ます。
complement 反対色ともいわれ、色相環の反対に位置するカラーで、看板制作や幟にロゴ等使うと目立ちます。
triad 色相環(虹色を円状に並べたもの)を正三角形で配置した物です。色の違いがはっきりと出るため強い印象を生む事が出来ます。
tetrad 二組の反対色を使い色相環を4分割にした物で、カラフルな配色となります。
analogic 色相環の周り方向で類似色となり統一感があります。
accented analogic 類似色と反対色を選びます。

2.色相環で選ぶ

色相環です。使いたい色をスライドさせながら探しいきます。

色相スライダー

3.ホームページサンプルでイメージを見る

クリックするとホームページのイメージが立ち上がります。サイトのイメージは明るいパターンと暗いパターンの二つ選べます。

ホームページのイメージを見る
サイトイメージ

4.カラー情報の抽出

カラー情報を見る事が出来ます。

カラーをチェック
カラーリスト一覧